スマホケースの一般的な形状について

スマホケースと聞けば誰もが最初に考える形状なものとして、背面と側面をカバーしてくれる形状タイプになります。一般的にもこの形状タイプのスマホケースが多く主流となっています。素材やデザインなども豊富なうえ、物によってはとても格安で購入できるといった特徴などもあります。取り外しなどもとても簡単なうえ、スマホ自体を使用するのにまったく支障がないことから、多くの人が利用しえる形状タイプです。ただし背面と側面を覆うタイプのカバーの特徴として、前面部分のカバー機能はほぼ無いに等しいという点です。そのため落としてしまった際に液晶部分である前面が下側になった場合は、画面が割れたりヒビが入るといったトラブルも多いです。この形状タイプのケースを使用する場合の注意点として、前面部分を保護シールなどを張り付けるなど衝撃対策を忘れないことが重要です。

側面だけを保護するスマホケースについて

スマホケースの形状には様々なタイプがありますが、スマホ自体のデザインを重視する人のために作られたケースとしてバンパータイプのケースがあります。形状としてはスマホの側面のみを覆うタイプのケースになります。バンパータイプの場合は、側面だけの保護を考えて作られているので、背面と液晶部分である前面部分はまったく保護されていないむき出しの状態になります。スマホのデザインを楽しみたいけど、側面だけでも保護したいという用途で製造されたタイプです。バンパータイプの製造されている素材などにもよりますが、落下したさい側面部分からであれば保護の役目を果たしてくれることはあります。ですが背面と前面はむき出しのため、落下の場所によってはかなりの破損を覚悟する必要があります。そのため衝撃保護シートなどを前面だけでなく背面にろ張り付けておくとよいです。

スリーブタイプのスマホケースについて

スマホを守るためのスマホケースの形状には様々なタイプがありますが、スマホ全体を保護するという意味で優れているタイプとしてスリーブタイプがあります。スリーブタイプの形状の特徴としては、筒状のような形をしている点です。袋状や封筒のような形のものもあり、スマホ全体をケースの中にしまいこむタイプとなります。そのためスマホを使用していない時の保護性能は、他の形状タイプに比べて格段に高いといえます。また素材として使われるのがレザー素材が多いので、見た目的にもオシャレなものが多いです。ただし一度スリーブタイプの中にスマホをしまうと、次使用するさいにまた取りださなくてはいけないという手間があります。スマホを利用する頻度がとても多い人には、おすすめできないタイプのケースです。スマホの使用頻度などがあまり多くない人にとっては、とても便利な形状タイプといえます。